日本舞踊の歴史


日本の舞踊の歴史は、神話の世界まで遡ると言われております。

白玉斎「男舞」天照大神(アマテラスオオミカミ)が隠れた天岩戸を開けるために、岩戸の前で天鈿女命(アメノウズメノミコト)が踊りを躍ったという有名な話があります。そこから「神楽」と呼ばれる宗教色の濃い呪術的な色合いを持った舞が発生します。やがて中国などとの交流で「舞楽」「雅楽」などがもたらされ、日本の農民の芸能である「田楽」や「猿楽」も起こってきます。これらのものを基本に日本で独自に生まれたものが「能楽」です。この「能楽」も後に「歌舞伎」に大きな影響を与えます。

現在の日本舞踊の直接の起こりとして名高いのが「出雲阿国」の念仏踊りです。出雲阿国は、歌舞伎の創始者としても有名ですが、歌舞伎と日本舞踊は元々同じものを指していたとも言えます。歌舞伎が少しずつ形を変えて、「踊」であったものに「舞」の要素も加えられます。琉球(沖縄)から伝わった蛇皮線が変化して三味線が生み出され、主要な伴奏音楽が発達し始めます。こうした歌舞伎の振り付けをしていた役者や今で言う演出家たちが、独自に弟子を取り、舞踊を教え始めたのが、日本舞踊と歌舞伎の道の最初の枝分かれでした。

歌舞伎の世界では、現在でも男性だけで特別なことがない限り女性はその舞台に立つ事はできません。日本舞踊と歌舞伎が枝分かれした事により、多くの女性が日本舞踊の伝承に関わる事ができるようになりました。

そして現在では、たくさんの流派が生まれ、それぞれが独自の特色を生かした舞踊の継承と発展に力を注いでおります。